トップページ会社情報社長挨拶

会社情報

社長挨拶

 多様な人材を積極的に採用し多様な働き方を提供していくことは、これからの社会を考える上で非常に重要なテーマです。当社は1985年、東京都と国際航業(株)との共同出資により、東京都初の第三セクター方式の「重度障害者雇用モデル企業」として設立されました。
発足当時の社名は(株)東京都データシステムズです。

 民間企業の活力とノウハウを導入して企業経営の安定を図り、身体に障害のある人々に適切な雇用の場を提供してきましたが、障害者の雇用、そして共に働くことが社会の常識となりつつある現在、第三セクター方式の使命を終え、2006年から国際航業(株)の障害者雇用特例子会社(株)TDSと社名を変更して、新たな可能性を追求しています。

 特例子会社の中でも測量業登録を行い、地理情報システム(GIS)やCADを活用して地理空間データを作成しているところは、ほとんど無いといってよいと思います。それゆえ、社員は高いプライドを持ち業務に従事しています。

 これからも、障害のある人々の社会活動を促進できるように企業の安定経営を図り、地域社会の発展に寄与していきたいと考えています。

株式会社TDS
代表取締役社長 村本 守敏